お食事

4月も終わりが近づき、気が付けば今年もはや1/3が過ぎたことになりますが、皆さま如何お過ごしでしょうか。

 

コロナ禍の影響でイベントが少ない日々が続いていますが、ご入居者の皆様が一番楽しみにされているのは日々のお食事です。今回は、普段皆様に召し上がって頂いているお食事をご紹介したいと思います。

鯖のソテー、カレーライス、プルコギ炒め、麻婆豆腐、煮込みハンバーグ、鯵フライ等々、和風洋風中華風とバラエティに富んだメインディッシュに加え、ビタミン類が不足しないように野菜中心の副菜が2品は必ず添えられています。ボリュームたっぷりのお食事ですね。

皆様が食べやすいように作られたカレーライスは辛すぎず、程よいスパイスが食欲を刺激するようで皆さまお箸が進んでいらっしゃったようでした。

 

4月 お誕生日会

薫風の候、皆さま如何お過ごしでしょうか。

晴天続きの毎日で、ともすれば気温25度を超える夏日もあり、季節の移ろいの速さを実感します。

 

さて、4月18日には4月のお誕生日会を行いましたのでその時のご様子です。

 

4月はお二人が誕生日を迎えられ、ハッピーバースデーの掛け声ににこやかに応えられていました。今月は「桜のロールケーキ」です。ほんのりと桜の香りがするクリームで、4月にぴったりのケーキを召し上がっていただけました。

また別の日には、職員と一緒にご入居者の皆様にゴミ入れの作成をお手伝いしてもらいました。

機能訓練の一環といいましょうか、手先の運動をして頂く目的を兼ねています。広告を上手に折りながら「昔こうやって折り紙してたなぁ」と子供の頃を思い出されていたようです。

桜咲く4月

4月になりました。新年度がスタートし、なんとなく気持ちもウキウキとするような季節になりましたが皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

さて、残念ながら先週末の雨で桜は散ってしまいましたが、ハートフル京都・羽束師の入居者の皆様には桜が満開のベストタイミングでお花見散歩を楽しんでいただくことが出来ました。

 

杖や歩行器を使ってご自分で歩行が可能な方は、リハビリを兼ねてのお散歩です。お天気にも恵まれ、さわやかな風を感じながら満開の桜並木をゆっくりと歩くことが出来ました。

また来年も満開の桜を皆さんと一緒に観たいと思っています。

(撮影時のみマスクを外しています)

3月お誕生日会

3月も末になり、まさに春爛漫といった日々が続いておりますが皆様いかがお過ごしでしょうか。

新緑が萌え、あちらこちらで可憐な花が咲いている様子を目にすると、気分も華やぎますね。

 

さて、ハートフル京都・羽束師では3月のお誕生日会を行いましたのでその時のご様子です。

    

3月は5名の方がお誕生日を迎えられ、最高齢はなんと102歳になられました!これからも変わらずいつまでもお元気で過ごして頂きたいものです。

ちなみに今月は苺のロールケーキ。生地にも苺が使われているようで、ほんのりピンク色が可愛らしく春にふさわしい華やかなケーキでした。

 

暖かくなり、外出するには最適な気候となりました。遠出は難しいですが、桜の花が綺麗に咲いている間に屋外でのおやつレクリエーションなどを企画していますので、次回はそのご様子をお届けできればと思っています。お楽しみに!

はるうらら

春の日差しが心地よい毎日が続いておりますが、皆さま如何お過ごしでしょうか。

ハートフル京都・羽束師の向かいにある小中学校でも卒業式が執り行われる時期ですが、今年はもうすでに桜がちらほらと咲いている様が見受けられます。この分だと入学式には葉桜になってしまうのでは…と少し気になってしまいました。

とはいえ近頃はいいお天気の日が続き、寒くもなく暑すぎずとちょうど良い気候ですので、入居者の皆さまも日光浴を楽しまれました。

特に何をするわけではなくても、春の日差しと心地よい風を感じるのも気持ちが良かったそうで、近隣の小中学校から聞こえてくる子供さんたちの笑い声や部活の掛け声、練習中の楽器の音などをBGMに、日向ぼっこをしながらしばし雑談を楽しんでいらっしゃいました。

もう少し桜の花が咲き揃い、見頃になれば屋外でのおやつレクリエーションなどを計画して楽しんでいただきたいと考えていますので、楽しみにお待ちください。

3月といえば桃の節句

桃の花が満開になり、桜のつぼみも膨らんできた今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

2月末で京都の緊急事態宣言は解除されたことに伴い、施設でもまたご面会を受け付けさせていただきます。しかしながら、新型コロナウイルスの感染予防に努めなくてはならないことに変わりはございませんので、従来通り少人数、短時間、マスク着用の上で距離を保ってのご面会とさせて頂きます。ご面会の前にご一報頂いた上でお越しくださいますようお願い致します。

 

さて、3月といえば桃の節句、ひな祭り。ハートフル京都・羽束師に現在ご入居中の男女比は1:2ぐらいの割合で女性の方が多めです。いくつになっても乙女心を忘れていない皆さまは、玄関ホールに飾られたひな人形を見てニコニコ笑顔でした。

桃の節句と言えば甘酒が付きもの!ということで、おやつの時間に甘酒のご提供です。

甘酒に甘納豆、クリームパンの取り合わせだったので少し甘すぎたかな…?と思われたのですが、ご入居者様には喜んでいただけたようです。

ことのほか甘酒が好評で、「もっと欲しいな。お替りないの?」という声も聞こえてきました。あまり沢山召し上がっていただくと健康に障りますのでほどほどに…。

行事や季節に合わせたお食事やおやつで季節を感じていただくのも大切だと思いますので、これからも折を見てご提供していきたいと考えています。

 

2月お誕生日会

2月は28日しか無いためか、あっという間に終わってしまう気がします。日の出から日の入りまでの時間が少しずつ延び、春の訪れはもうすぐそこになった今日この頃、皆さま如何お過ごしでしょうか。

 

さて、ハートフル京都・羽束師では2月のお誕生日会を行いましたのでその時のご様子をお届けいたします。

 

2月はバレンタインにちなんで、チョコレートのロールケーキでした。しっとりフワフワ、クリームたっぷりなのに甘すぎないという、とても美味しいケーキです!

「ハッピーバースデー!」の声と共に、皆さん一緒にお祝いをしました。

 

 

こちらはとある日のレクリエーション。シャッフルされたカップのどこにボールが入っているかを当てるゲームをしてみました。

「当たった!」「あれ、どこだろう?」「次は当てる」等、和気あいあいと楽しんで下さったようです。

鬼退治!

2月18日は二十四節気における「雨水」です。雨水とは陽気がよくなり、雪や氷が解けて水になったり、降る雪が雨に変わる頃…ですが、まだまだ雪のちらつく寒さの中、皆さま如何お過ごしでしょうか。

 

今年は2月2日が節分でしたね。124年ぶりに2月3日以外が節分になったと聞き、日が変わることがあるなんて…と驚きました。

そんな中今年もハートフル京都・羽束師に鬼がやってきました!

新型コロナを警戒したのでしょうか、鬼もマスク着用です( ´∀` )

   

鬼が悪さをしないように、入居者の皆様と職員が一緒になって鬼退治!

皆さま上手に豆をぶつけていらっしゃいます。

      

改心した鬼は入居者様と仲良くなって帰っていきました。

 

この日のおやつですが、福豆は硬くて食べ辛いのでお善哉を用意しました。小豆の赤い色が陽の気を表し、邪気を払うとされています。

甘くて温かいお善哉を食べながら、今年一年の厄払いを祈願した午後のひと時でした。

ぽかぽかお風呂

暦の上では立春が過ぎましたが、まだまだ寒さに震える日々が続く中皆さま如何お過ごしでしょうか。春の暖かい日差しが待ち遠しいですね。

京都府下に発出された緊急事態宣言が延長され、当施設でもご入居者様との面会を原則お断りさせて頂かざるを得ず、ご家族の皆さまにおかれましてはご心配が募っていらっしゃることと思います。一刻も早い事態の終息を願いつつ、なんとか感染予防に努めてはおりますが、ご家族様にもご入居者様にもご不便をおかけしている現状です。そんな中で、ご家族の皆様から職員への暖かい励ましや感謝のお言葉をかけて頂くことが多々あり、大変有難く感じております。職員一同、職務に邁進してまいりますので、今後ともよろしくお願い致します。

 

さて、最近のご入居者さまのご様子がこちら。今回はお風呂上りのさっぱりとしたお姿をお届けします。

ご入浴後、風邪を引かれないようにしっかりと髪を乾かしているところです。お風呂でポカポカに温まられたのか、皆さまとても気持ちよさそうにしていらっしゃいました。

ほんわりとした皆様のお顔をみていると、こちらもほんわりとした気持ちになった一日でした。

 

1月のお誕生日会

1月、2月、3月は時間が過ぎるのがあっという間に感じるもの…というのは昔から言われている通り、気が付けばもう1月も終わりの今日この頃、皆さま如何お過ごしでしょうか。

日によってはポカポカ陽気であったり、寒さに震える日があったりと、気温の差が激しく感じられますので、体調管理に気を付けて参ります。

 

さて、1月にお誕生日を迎えられた方のお誕生日会を行いました。

お誕生日にご用意するケーキは皆様にとても好評です。この日も喜んで召し上がって頂けました。

また、ずっと続いている新型コロナウイルスの感染対策として、アルコール消毒や次亜塩素酸ナトリウムでの除菌作業は毎日定期的に行っていますが、更なる予防策の一つとして空気清浄機を追加設置致しました。

全ての菌を除去できるものではありませんが、少しでも安心してお過ごしいただけるよう、可能な感染症予防対策は今後も行っていきたいと考えております。